DIARY

ちょっとだけ第2章新カード解説その2


マッチングロビー実装版のver.0.4.0をリリースしてから1週間以上経ってますが、
やっとネットワーク関係のマニュアルをアップしました(;´Д`A ```
セキュリティソフトへの対応とか、手動でのポートの開け方などについては、
あまりややこしいことを書きすぎると初参加者が「Worlfard」を触るのに躊躇してしまいそうなのであえて書いていません。


では今回もちょっとわかりにくいカードのスキル等について解説しておきます。


■「BH-32 飛甲虫レムリア」
・『強襲1』―攻撃時、戦闘終了まで[STR+1]の修正を受ける。
・召喚時、【このクリーチャー以外のクリーチャー1体】に[DEF+1]の修正を与える。


二つ目のスキルですが、このスキルは「〜できる。」というような発動するか選べるタイプのスキルではないので、
召喚時、使いたくなくても勝手に発動してしまいます。
自分のクリーチャーが他に居なくて、相手にクリーチャーがいる場合、
相手のクリーチャーを強化してしまいますので、気をつけてください。


■「BH-55 魔人ヘイトレッド」
・召喚時、全ての相手のクリーチャーに[STR-1、VIT-1]の修正を与える。


このカード自体はそれほど分かりにくいことも無いと思いますが、VITを下げる事について少し説明します。
クリーチャーはVITを下げられてVIT=0になると消滅してしまいます。
このほかに例えば、VIT=3のクリーチャーが2点のダメージを受けている時に、
ここで[VIT-1]の修正を受けても、残りのVITがなくなってしまうので消滅します。

VITを下げる効果でクリーチャーを倒す事は、相手にソウルを与えない、とても重要なクリーチャーの除去手段です。
「スカーレットエイサー」などでも同じようなことができるので、よく覚えておきましょう。


■「BH-58 戦場の掟」
【[STR=0]のクリーチャー1体】を墓地に送る。その後、あなたのデッキの一番上のカード1枚をソウルにする。


このカードは相手のクリーチャーを墓地に送ろうが、自分のクリーチャーを墓地に送ろうが、
自分がソウルを手にすることができます。
もちろん、相手のクリーチャーを処理した方がお得ですが、
あえて自分のクリーチャーを墓地に送ってしまうこともできます。

えっ?どういう時に使えばいいのかって?
そこは自分で考えてください ヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ


さて、とりあえず、分かりにくそうな追加カードの説明はこれで終了です。
評判が良かったり、要望があれば、第1章のカードについても書くかもしれません。
2011年01月27日(木) No.306 (Worlfard)
Comment(0) Trackback(0)

ちょっとだけ第2章新カード解説


さてver.0.5.0で新カードを追加しましたが、具合の方はどうでしょうか?
「Worlfard」は常に積極的にバランス調整のために、カードのパラメーター調整等のエラッタは行っていくつもりですので、
なにかご意見があれば気軽に言ってみてください。

あと、新カードの絵が残念なのが多いのは御容赦ください(;´Д`A ```
後で描き直すつもりで付けた絵のままでリリースしました。
そのうち描き直すので、とりあえず今はこれで我慢してください。
ミーミルとか氷塊の足枷とかいろいろ酷いですね^^;

では本題に、ver.0.5.0リリース時の日記に新要素については解説しましたが、
今回はちょっとわかりにくいカードのスキル等について解説しておきます。


■「BH-11 水の精霊アクア」
・『結晶』―戦闘によって破壊されソウルになる時、ソウルにする代わりにライン上のタワーに置く。
・<タワー>キーパーの防御時、このカードを墓地に送り、【キーパー】に[VIT+1]の修正を与える。


「火の精霊イグニス」に似たスキルになっていますが、こちらは防御時に発動するので、気をつけてください。
防御時とは、キーパーが他のところへの攻撃をブロックした時はもちろんですが、
相手が直接キーパーを狙って攻撃してきた時も含まれます。

また、このスキルが発動すると、タワーが無くなって属性効果が無くなってしまったりするので、
このカードの下にさらに別のタワーカードをしっかりと仕込むようにしましょう。
キーパーが水属性の時に、「ヴォジャノーイ」なんてカードを仕込んでおけば・・・


■「BH-13 オトゥーム」
!{ブレイク}【相手のクリーチャー1体】にX点の波動ダメージを与える。XはSTRに等しい。


このスキルは巧く使うとなかなか凶悪なスキルになります。
「ジャム」や「ワーカホリック」などの戦闘によって破壊されることが
スキルの発動条件になっているようなカードもこのスキルで破壊してしまえば、
スキルを発動できないまま終ってしまいます。

しかし、オトゥームはSTR=1。このスキルをそのまま使っても1点のダメージしか与えられません。
そこで「スカーレットエイサー」のようなSTRを上昇させるカードと組み合わせれば・・・


■「BH-18 氷塊の足枷」
【クリーチャー1体】を[AGI=0]にし続ける。


とっても単純なスキルですが、効果は絶大です。
AGIが0になってしまうと、攻撃はできなくなりますし、防御面でもほとんど活躍できなくなるでしょう。
相手の「神箒艇スレイプニル」のような防ぎにくいクリーチャーや
「白銀のアイギス」などの防御力が優秀なクリーチャーに対して使えば、
能力が巧く使えずほとんど機能できなくなるでしょう。

しかし、"[AGI=0]にし続ける"というのはあくまで元々のAGIの値を0に書き換えるという意味です。
AGIがアップするような効果を受けていた場合、その効果は残りますので、
かならず相手のAGIを0にできるという意味ではないので注意してください。


■「BH-22 金声鳥オルムキュグヌス」
・召喚時、全てのブレイク状態のクリーチャーをリカバリーする。


この効果は、自分のクリーチャーだけではなく、相手のクリーチャーもリカバリーしてしまいます。
このクリーチャーは召喚するタイミングや方法をよく考える必要があるでしょう。

例えば、このクリーチャーを召喚するためのコストを払うときに、
キーパーが乗っているタワーをブレイクしてコストを払って、キーパーがブレイクしてしまっても、
このクリーチャーが召喚された後、このスキルのおかげでリカバリーするので、
キーパーが問題なく攻撃できたりします。
他にも、自分のバトルフェイズにネクロマンシーからこのクリーチャーを出せば・・・


ちょっと長くなってきたので、今日の解説はここまでにしておきます。
みなさんも是非いろんなカードの組み合わせを考えていろいろデッキを作ったりして、
オンライン対戦を楽しんでみてください。
2011年01月23日(日) No.305 (Worlfard)
Comment(0) Trackback(0)

オンラインカードゲーム「Worlfard」 ver.0.5.0 リリース


オンラインカードゲーム「Worlfard」ver.0.5.0 をリリースしました。


※新カード追加で現在カードは全78種です。

■「Worlfard」ver.0.5.0 ダウンロード
worlfard_v050.zip (2.96MB)

前バージョンからの変更点は主に、
・新カード18枚を追加
・デッキファイルの仕様を変更
となっております。

現在ver.0.5.0以降でなければロビーに入れません。
オンラインで対戦等を楽しむには必ずこちらの最新版にアップデートしてください。


さて連日のリリースとなっていますが、今回はバグフィックスなどではございません!
遂に新カードの追加です!・・・まぁ、第二章の一部のカードだけなんですが(;´Д`A ```
しかし、それでもこの新カードの追加は現環境にかなりの影響を及ぼすと思いますので、
是非ダウンロードしてご自分の目でお確かめください。

■デッキファイルについて
それとデッキファイルについてですが、
昨日旧バージョンのは引き継げなくなると書いたのですが、なんとか引き継げるようにしました。
旧バージョンでデッキファイルを作成していた方は、
旧バージョンのDeckフォルダにあるファイルを新バージョンのDeckフォルダに移してもらえば、
そのまま新バージョンで同じデッキを使うことが出来ます。


しかし、実は新バージョンで使うにあたって内部では
旧デッキデータをいちいち新しいバージョン用に変換しています。
現在、そのままでも特に問題はないのですが、もしかしたら今後使えなくなる可能性があるかもしれないので、
旧バージョンで作ったデッキは新バージョン用に更新しておいて欲しいです。

更新の手順ですが、
新バージョンで[Edit]に行って、旧バージョンのファイルを開いて、
そして、そのまま上書きを行うだけで完了します。


見た目には全然変らないのですが、ファイルの中身の記録の仕方が変っています。
デッキファイルの容量が少し大きくなっていると成功です。
なぜこんなことをするのかよく分からないかもしれませんが、
今後デッキが読み込めなくならないように、この作業をやっておくことをお願いします。


■新要素について
続いて、今回の追加カードから加わった新要素について説明しておきます。

・状態異常[C=毒]
「腐菌ファンガス」というカードが新しい状態異常"毒"を持っています。
毒状態になると、クリーチャーはスタートフェイズにダメージが回復しなくなります。
また、毒状態は他の状態異常を喰らって、状態異常が上書きされない限りずっと続きます。
この状態異常を巧く使えば、VITが多い高レベルクリーチャーも切り崩すことができるかもしれません。

・状態異常[C=麻痺]
「セキュリティビット」というカードが新しい状態異常"麻痺"を持っています。
麻痺状態になると、クリーチャーはリカバリーするときに1回だけリカバリーできなくなります。
麻痺状態はこの1回だけで治ります。
今回から他に「プロケッラ」などのクリーチャーをリカバリーさせる効果を持ったカードが追加されていますが、
それらの効果でリカバリーさせようとした時にも、麻痺状態だと1回だけリカバリーしません。
この状態異常を巧く使えば、面倒なクリーチャーを足止めすることができるかもしれません。

・波動ダメージ
「オトゥーム」というカードが普通の単なる"ダメージ"ではなく、
"波動ダメージ"というダメージを与える効果を持っています。
普通はダメージを与える時は、クリーチャーがDEFを持っているとその分だけ軽減されてしまいますが、
この波動ダメージはDEFを無視してダメージを与えます。
クリーチャーのDEFを上げて安心していると、痛い目を見るかもしれません。


ちなみに、この「波動ダメージ」という名称どうでしょうか?
最初は「精神ダメージ」という名称にしようかと思ったのですが、
別カードゲームにまんま同じ名前で同じシステムがあったので、
変えてみたのですが、なんとなくしっくりこない気がします。
精神ダメージでもいいのかなぁ〜・・・


■調整について
最後に、今回この追加カードを使えるようにする作業に思いのほか時間が掛かってしまいました。
本当はもうすこしパラメーター等を調整してから追加しようと思っていたのですが、
リリースを急いだので、調整不足のところがあると思います。
そんなわけで、実際のプレイの様子を見ながらまた調整は入れようと思います。

「このカード強すぎるだろ」とか、「このカード使えなさすぎ」とかご意見・ご感想がありましたら、
お気軽にこの日記のコメントやWorlfardのトップページなどに書き込んでみてください。
バランス調整の大きな参考になり助かります。
2011年01月21日(金) No.304 (Worlfard)
Comment(0) Trackback(0)

オンラインカードゲーム「Worlfard」 ver.0.4.2 リリース


オンラインカードゲーム「Worlfard」ver.0.4.2 をリリースしました。

■ダウンロード
worlfard_v042.zip (2.95MB)

・ver.0.4.0以降からver.0.4.2への差分ファイル
worlfard_v042_dif_040.zip (291KB)

前バージョンからの変更点は、
・墓地やソウルなどのリストを閉じる事ができなくなっていた不具合を修正
・ホストがルームを閉鎖した場合、ルーム参加プレイヤーが落ちる可能性があった不具合を修正
・対戦中にホストが切断した場合、ルーム参加プレイヤーがロビーからも出された不具合を修正
・ホストが観戦時に続けて対戦を行った場合、対戦者のデッキが正しく設定されなかった不具合を修正
・観戦者のカード詳細ウィンドウが正しく動作していなかった不具合を修正
・対戦中のチャットウィンドウのサイズ変更時の挙動を改良

今回はほぼバグフィックスです。
立て続けのリリースになってしまっていますが、バグが多かったので早めにリリースしておきます。

また、差分ファイルを用意したので、ver.0.4.0以降をご使用の方は差分ファイルを利用してください。
ダウンロード後、中身をver.0.4.0のフォルダの中に入れて上書きするだけでアップデート完了となります。


あと今後の予定ですが、新カードのリリースはある程度新カード群の実装が完了してからしようと思っていたのですが、
とりあえず、今実装できている分だけでも使えるようした方がいいかなと考え直しました。
ので、近々に新カードの一部を使えるバージョンをリリースしようと思います。
但し、新バージョンでは現行のバージョンで作ったデッキファイルが引き継げなくなると思います。
この点について予めお詫びしておきます。
2011年01月20日(木) No.303 (Worlfard)
Comment(0) Trackback(0)

オンラインカードゲーム「Worlfard」 ver.0.4.1 リリース


オンラインカードゲーム「Worlfard」ver.0.4.1 をリリースしました。

■ダウンロード
worlfard_v041.zip (2.95MB)

前バージョンからの変更点は主に、
・ルーム内で待ち受け中、他プレイヤーが接続した時にアラームを鳴らしウィンドウを点滅するように
・ルームリストの選択についての不具合を修正
・空行が送信できた不具合を修正

ver.0.4.0を昨日リリースしたばかりなのですが、ver.0.4.1のリリースです(;´Д`A ```

不具合はそれほど重大なモノでもないので、そんなに急いでリリースするほどのものでもなかったのですが、
アラーム機能があった方が個人的に便利だなと思ったのでサクッとリリースします。

このアラーム機能は「Worlfard」を最小化していても働きますので、
ルームを作成して他のプレイヤーを待っている時に、ずっと「Worlfard」を睨みつけていなくてもよくなります。
アラーム音はオプションで効果音をオフにしていると鳴りませんのでご注意ください。
2011年01月19日(水) No.302 (Worlfard)
Comment(0) Trackback(0)

オンラインカードゲーム「Worlfard」 ver.0.4.0 リリース


Worlfard ver.0.4.0 をリリースしました。



※マッチング用のロビーを実装しました。

■ダウンロード
worlfard_v040.zip (2.95MB)

前バージョンからの変更点は主に、
・マッチング用のロビーを実装
・UPnP機能によるポート解放を実装
・一部インターフェイスを改良
こんなところです。

さて今回のバージョンアップでロビーを実装できたので、
遂にオンラインカードゲームを名乗ることにしました!
なにやらオンラインと付くとかっこよく聞こえるのは、きこうもりだけでしょうかw


しかし、今回のバージョンアップでは未実装な部分が多く、いくつかの不具合もあることを予めお詫びしておきます。

まず、ルーム作成時にコメントやパスワード、時間制限などの設定項目が表示されますが、
これらについてはコメント以外全て未実装となっています。
設定を変更した場合、表示等は変更されますが中身の動作は一切影響を受けません。
現在はパスワードを設定した場合でも、普通に入室が可能となっています。


次に、ロビー内のプレイヤーやルームリスト等の情報が不確かな場合があります。
ルームを開設した後にきちんと閉鎖しなかったり、ロビーから退場せずにクライアントを終了させた場合、
ロビー内の情報がクリアされないまま残り、存在しないルームや存在しないプレイヤーが表示されつづけます。
このため、できるだけロビーに入った場合は、きちんと終了させるようお願い致します。


最後に、UPnP機能に関してです。
ルームを開設して他のプレイヤーの接続を待ち受ける場合、
本来はルーター等のポート開放設定等を行わなければならないのですが、
UPnPを利用するとそれらのポート開放処理を自動で行ってくれます。
この機能はWindowsXP以降に実装された機能であり、XP以前のOSをお使いの方は利用できないと思います。
また、ルーターがUPnP機能に対応していない場合も利用できません。

さらに、セキュリティソフトやWindowsXP、Vistaに標準で装備されているファイアーウォールがある場合、
これらの機能を防がれることがあるので、ルーム開設に失敗する場合は、
「Worlfard」をファイアーウォールの例外に登録するなどの設定を行ってください。

それでも失敗する場合は、OPTIONからUPnPの使用の設定を使用しないに変更し、
手動にてプロトコル「TCP」ポート番号「8046」を開放してください。

但し、ポートの開放はルームを開設する場合にのみ必要であって、
すでに開設されている他人のルームに接続する場合は、開放する必要はありません。
もし、ルーターやセキュリティソフトの設定変更等に不安がある場合は、
ポートの開放は行わず、他のプレイヤーが開設したルームに接続してプレイして頂いてかまいません。


現在のロビーCGIは機能的に不十分なところも多く、動作が不安な部分があるため、
動作確認中ということで開場時間を16:00-28:00(翌4:00)までと限定しています。
といっても、現状プレイヤーは全然居ないと思いますので、
私が22:00-24:00くらいまではできるだけ接続しようと思っています。
ルールがわからないとか、ちょっとやってみたいけど相手がいないという方は、
私が直接相手をしますので、この時間帯を狙ってお越しください。
2011年01月18日(火) No.301 (Worlfard)
Comment(0) Trackback(0)

病的折衷主義のガラクタ出力装置


はい、2011年もWorlfardの制作です。



現在ロビーCGIを作成中ですが、CGIはPerlで書いているのですが、
私はこのPerlの言語仕様がどうも合わないので、いろいろと細かいところで手間取ったりしています。

Perlは面倒な手続きとかが省かれていて、手軽にいろんなことが出来る分、
細かいこと複雑なことをしようとすると、逆に変な記述になり分かりにくくなるような気がします。
いろんなところを省略して簡略化して表記できますが、後から読み直すことを考えると、
はっきりいって省略表記は悪だと私は思います。
かなり個人的な感想ですが、Perlは嫌いです(;´Д`)

しかし、ロビーCGIを作るといっても、同時にCGIとメッセージをやり取りするために、
クライアントの方も改良しなければなりません。
インターフェイスも新しく作らないといけないし、なかなか大変です。

そんなこんなで、次のバージョンアップはもう少し掛かると思います。
2011年01月09日(日) No.300 (プログラム)
Trackback(0)

2011年もよろしくお願い致します


明けましておめでとうございます。


※ラビットイヤー本来RabbitEarだけど正月仕様ということでw

Worlfardの制作を本格的に開始したのは去年の2月ごろだったので、
制作期間はそろそろ丸1年を迎えそうです。
www.kikoumori.comとしても6年目の年に入ってたり、
あらためて振り返ってみると結構長いことやってるんだなぁと実感したりします。

2010年はずっとWorlfardを作っていた気がします。
もっと集中して取り組めばもっと結果が出せたなと少し反省する部分もありますが、
それでも、最近やっとひとつの『ゲーム』として遊べるレベルにまで到達した感じがしています。
実際に対人戦をしていると結構白熱した試合展開になったりして、
作った本人のクセに普通にゲームとして遊んでいたりします。

さて2011年ですが、今年もWorlfardの制作を続けていきたいと思っています。
追加したい新しいカードやオンライン対戦の実装、改良したいインターフェイス、追加したいエフェクトなど、
まだまだやりたいことは沢山残っていますし、これからまだまだ面白くできるとも思っています。

それでは、本年もWorlfard共々きこうもり、www.kikoumori.comよろしくお願い致します。
2011年01月01日(土) No.299 (雑記)
Comment(0) Trackback(0)